親子でDIY

大原学院に通う息子・娘の同級生のお宅が、
長年空いていた家を直してお住まいになるという事で、お手伝いをさせていただいています。

プロでないとできない所はプロに自分でできる事は自分でと、
床貼りのDIYです。母娘で、パインの無垢材を貼っていただきます。
丸鋸を使うのも初めてという方げ、少しお手伝いをしながらの施行です。

まずはメジャーで計測
e0074935_1630434.jpg

丸鋸で切断 木工具は非常に危険なのですが、慎重にあつかって正確に切断していました。
e0074935_16295880.jpg

ウレタンボンドを床材に付着して、これは娘さんの役割です。
小学校6年生のお嬢さん、自分の部屋の床だけに慎重に作業?してました。
あちこちにこぼしたりしてましたけど(笑)
e0074935_16293460.jpg

次は、前の床材の実(サネ)に差し込み、当て木を当てて金槌で寄せます。
e0074935_16323320.jpg

これはプロの道具、フロアタッカーで留めます。
e0074935_16273268.jpg

完〜成!!きれいに貼れました。 すばらしい
e0074935_1627557.jpg

内の娘もお手伝いしたので、記念撮影に参加デス。
e0074935_16264226.jpg

それにしても、大原のメスザル達は、元気に群れています。

このお宅の部屋内の珪藻土塗を、珪藻土塗り体験イベントで塗ろうと思っています。
興味のある方、やってみたい方は、カギコメでお問い合わせいただくか、ヴァニラリーフ(左肩にバナー)のH.Pからメールでお問い合わせ下さい。
[PR]

by vanillaleaf | 2011-02-27 16:49 | DIY

大原、石窯、おくどさんプロジェクト

少し前に紹介した石窯とおくどさん
やっと全体像が見えてきました
大原里づくり協会主体で実行するのですが、
土地の提供は、大原土地改良区、これは、来年度完了の事業体なので、
そこにビオトーブと併設で設置し来年度中に実施する事になりました。
ビオトープ部分は、土地改良区からの予算がおります。
大原全体をビヨトープととらえて全体像を作りたいのが本音ですが、
行政は、プチ体験的な物を作りたがるところがあって、、、

大原全体がビオトープ。
そこにおくどさんや石窯の場所が、
大原産食材を使って調理をする厨房として位置づけてもらえ、
予算もつけてもらえるとありがたかったのですが。
まあ,エリア整備のお金が少しでもつくので良しとすると言う事で、
配置の基本案が出来ました。
e0074935_9125323.jpg

くぼんだ場所に小川を流しその横を土手に仕立てて、生物植物と親しむビオトープエリアと、
たたき風の土間に、炭炉、おくどさん、石窯を配置し、炊事場を付けて、薪置き場と、野小屋を設置する計画です。
補助金他どれくらい予算が確保できるかわからないので、来年度確実に実行できるのは、
おくどさん、石窯、墨炉,それとビオトープ、後は徐々にの整備になるかもしれません。
e0074935_9131580.jpg

窯やおくどさんの煉瓦積み、ワークショップを開き作業ボランティアも募集します。
その時は告知しますので,興味のある方は是非ご参加ください。
[PR]

by vanillaleaf | 2011-02-08 09:14 | 京都 大原

住宅建築に思う所や
建材等の話
施主とのやり取りなど

by vanillaleaf


ブログトップ
ヴァニラリーフ店舗情報