責任の取り方

農水省の事務方トップと農林水産大臣が事故米の
責任?をとって辞任した。
農水大臣に至っては、任期あとたった三日前の辞任で、責任を取った、などとほざいている。
しかも辞任で農水省を出るときには、花束まで貰って、阿呆面の笑顔を報道陣にさらしていた。
この事件では、三笠フーズに事故米をまわされた業者の、自殺者まで出している。
あげくのはてに、被害者である納入先の業者もすべて公表するお粗末。
頭のすげ替えだけで、行政も政府も責任を取ったというのなら、監督責任を持つ人はやめればしまい程度でしか、仕事をしないという事になる。
農水省は96回も立入検査をしての監督不行き届き。
そもそも、減反までして米作の量をへらし、米不作になった時に、急遽、法改正をし外米を輸入する。そんな食料政策のミスにけ込まれて、アメリカから米を一定量かわされるはめになり、食料にならない事故米まで輸入していた。そもそも事故米だった時点で突っ返していれば、こんな事にならないのに、権力には押しの弱い役人がアメリカに対しそれも出来ず、やり場に困って、業者に流したものだろう。
実はお目こぼしも、有りでの事故米販売?なんて憶測してしまう人もいるのではないか、そこまでひどくなくても既に、農水省は業務上過失の犯罪をおかしているといっても過言でない。
そこで、立法府、行政府の関係トップが辞任だけですむなら警察はいらない。
しかし司法がこの件で立法府、行政府にメスを入れることはないだろう。
となるとこの国の三権分立も、機能していないという事になる。
そもそも、役人も政治家もちゃんと仕事しろよ!
この事件を期に農水省が次に打つ手は、監督権の有る民間に、ますます法律で規制を増やし、申請検査等を、複雑かつ、厳しくするだろう。
そして事件が再び起こると、「私たちはこれだけ厳しく規制し、管理しています。それでも犯罪を犯したので、悪いのは犯罪者、私たちに責任はありません」と、、、
建設業界でも、2005年の姉歯、耐震強度構造計算書偽造違法犯罪事件ご、
建築確認申請の複雑かつ厳しくなり、建築不況を巻き起こした。
建築関連業者だけが大変なのではなく、家を建てようという人は、確認業務が、複雑になった分、申請手続きの費用を払うはめになる。確認申請がおりないから、建てるのにも時間がかかる、不要な時間と経費を支払っています。
本当は申請書類を複雑にするより、現場に見に来れば一目瞭然で木造建築であれば現場で1時間も検査すればすむ話で、それを基礎、中間、完了とやればまず間違いない。
ところが、ちゃんとした書類をもってこい。見てやる。検査は民間。

結局役人は、仕事をさぼって責任は取らない。である。
農水省のこれからの対策を乞うご期待。

今日は辛口でした。
[PR]

by vanillaleaf | 2008-09-20 07:01 | 日々の事

フェミニンな型板ガラス

フェミニンな型板ガラス発見しました。
現在進行中のピザ&パスタの店タロットリア セモリナさん
エントランスのドアをアンティークにしようと、
京都のウエリントンというアンティークショップに行ってきました。
そこで、入り口用とは関係ないのですが、フェミニンな型板ガラス発見しました。
e0074935_16584510.jpg

昭和30年代40年代頃は、日本にもいろんな模様の型板ガラスが有りましたが。
今は数種類しか有りません。精度の良いガラスは有っても、趣があったり面白い柄のガラスが少ないのは、建築に携わる者としては、少し寂しいです。
このドアは外国からやってきたアンティークのドアにはまっていました。割れたら二度と手に入りません。
e0074935_16594692.jpg

トイレのドアが決まってなかったので、そこに取りつけようと考え中です。
ただ、半透明なので、どうゆう処理をするか?
出来上がりをお楽しみに。
e0074935_16595859.jpg

[PR]

by vanillaleaf | 2008-09-17 17:12 | 店舗設計

外構工事 ピンクとグリーンの壁の家

マイペースすぎるこのブログにたびたび訪れて頂いている皆様
本当に申し訳ありません。最近忙しすぎで参ってますが、今日は久々の更新です。

外構工事完了
前に紹介したピンクとグリーンの壁の家、
グリーンも入って、良い感じに仕上がりました。
e0074935_15125039.jpg
e0074935_1513146.jpg

入り口の廻りの立ち起こしには、番地も彫り込んでちょっと外国みたいです。
e0074935_15132838.jpg
e0074935_1513441.jpg

水場兼、サイン、ポスト
珪藻土外部用を塗り銅でサインとインターホンカバーを作りました。
水場の煉瓦は、ヨーロッパの古城を解体した時に出たアンティーク煉瓦を使っています。
ガレージは枕木を敷き、柵はアイアンで。
e0074935_15173683.jpg


次回は、店舗の入り口のドアを探しに行って一目惚れしたアンティークドアを紹介します。店はピザ&パスタ中心のタロットリア、セモリナです。乞うご期待
[PR]

by vanillaleaf | 2008-09-10 15:21 | 建築

住宅建築に思う所や
建材等の話
施主とのやり取りなど

by vanillaleaf


ブログトップ
ヴァニラリーフ店舗情報