キャンプだほい!

姉、弟の家族と、毎年恒例のキャンプに出かけました。わざわざ山の中に出かけなくても、十分田舎に住んでるやん、とお思いでしょうが、所変われば気分も変わる、楽しい時間をすごしました。
e0074935_5275962.jpg
設営、今年は4年になる長男も手伝ってくれ、戦力になりました。
e0074935_530227.jpg
e0074935_5295055.jpg
川を挟んでロープをかけ滑車で作った遊び道具、大人もけっこう夢中で遊んでました。おばさんたちは悲鳴まであげて、、、
e0074935_534818.jpg

キャンプは食事も楽しみです。野外調理、今回はダッジオーブンで、ローストチキンとローストポーク、他です。
e0074935_5361523.jpg
e0074935_5364443.jpg

食事も終えて、たき火をみながらだんらん、火遊び好きの人間は火を絶やさずいつまでも遊んでいました。
e0074935_5395562.jpg

[PR]

by vanillaleaf | 2006-10-22 05:39 | 日々の事

親子工作教室 モザイクタイル

e0074935_16231535.jpg
e0074935_1623303.jpg
PTAの役をやっている関係で、先週末親子工作教室なる物を学校でやりました。
フレームやコップなどにモザイクタイルを貼っていき、最後に目地を入れて完成です。
子供は材料を手にするとせっせと貼っていきます。ものを作っている時の子供の顔は真剣そのもの。生き生きとしています。
やっぱり人は、物作り好きなんだなーと実感しました。
子供たちの工作好き、いつから芽を摘まれてしまうんでしょう。
幼稚園児の頃粘土遊びや、アイロンビーズが嫌いな子供はいないはず。
学校では、うまい下手ではなく、作る楽しさを教える教育をして欲しいですね。

出来上りは、こんな感じです。鍋敷きやカラフルなキャンドルスタンドが出来ました。
e0074935_16235066.jpg

[PR]

by vanillaleaf | 2006-10-20 16:24 | 物作り

蜘蛛の巣

e0074935_428158.jpg

霧の朝、せっせと蜘蛛は、露を捕まえていたようです。
そして木々に白い花を咲かせていました。
e0074935_4332785.jpg

e0074935_4295030.jpg
これなんか、かわいいじゃないですか。次男が発見しました。
通学路にて、、、
[PR]

by vanillaleaf | 2006-10-15 04:30 | 日々の事

娘のお弁当

今日、小学校の息子二人を通学路の途中まで末娘と一緒に朝の散歩がてら送っていき、
帰りに娘にせがまれて、大きな栗の木のある方から、うちに帰りました。
栗の木の下に落ちているのはイガばかりで、実は全然無いと思いきや、数個だけですが落ちていました。
目当ての物を手に入れた娘は大喜び、家に帰るなり母親に自慢していました。
今日、娘の保育園は、お弁当の日、
「おにぎり、くりのかたちにしてほしー! 」と娘、
例によって、おにぎりをにぎるのは、私の役目、
栗っぽく出来てますか〜?
e0074935_188252.jpg

[PR]

by VANILLALEAF | 2006-10-10 18:08 | 日々の事

将来の夢

こどもの頃母に聞かれた「将来何になりたいの?」多分小学1、2年の頃だった。
僕 「ラーメン屋さん」
母 「何で?」
僕 「だって毎日ラーメン食べられるもん」
志し低!いまだにラーメン好き。

  九州に小石原焼きという窯元の多い集落が有る。帰郷の際よくそこを通りかかり、ろくろを回している作家の姿を見てあこがれた。小学校高学年の頃。陶芸家になりたいと思っていた。

  中学に入り、大人に疑問と反感を抱き、教師に憤りを覚え、良い師に巡り合えないなら教師になろうと思った。教育制度に反感を感じ文部省に入ろうとも思った。

  授業中に自分が大人になったら立てる家の平面図を書いていた。
リビングから階段が2階へ延び廊下越しに子供部屋の扉がリビングから見えるように設計されていた。

  中学高学年の頃、社会に反感を覚え革命家になりたいと思った。
いくら理想社会が実現しようと武力によって制圧すればヒットラーと同じだと、武力革命のむなしさを友達(こいつはすごいやつだった)に諭され、あきらめた。
いまだに社会を変えたいとは願っている。

中学時代、何にでもなれる、何でも出来ると思っていた。

  高校時代、早く社会に出て、小金を貯め独立し喫茶店のマスターになりたいと思っていた。
喫茶店のマスターが悪いとは言わないが、偉く志しが低い者に、戻っている。
  今でも居酒屋のマスターにはなりたい。

  社会へ出る時が近づくにつれ、現実直視、あきらめ思考が強くなっていた。
父親の人生は波乱万丈だった、お金もないのに当時では珍しい、自家用車を買い、人身事故を起こして、保険も整備されてない時代で、補償で謝金まみれになる。
その余波で、何をやってもうまくいかず。小学校の頃は。1280円の給食費を持っていけなかった頃も有った。
早生まれの僕は、小学校時代は前から2番目の小さな子で力も弱く、いじめの的になった事も有る。
家庭環境や、体格で、劣等感も多かったが、その頃の体験が、 私を強くしてくれたとも思う。
恵まれた環境で育った天真爛漫な子供ではなかった。
僕が、小学校5年から中学2年までは、父は建設会社を経営しうまいっていた。父の黄金期である。が、九州新幹線の工事終了とともに、住んでいた所の建築業界の景気は冷え込み、例に漏れることなく倒産、高校受験前の多感な時期に転校を余儀なくされ京都へ、つまりは夜逃げのような物だった。

  こんな経験を積んだ高校の頃の僕は、家庭の恥は自分の恥、と言う感じで、こんな事を友達に打ち明ける事も無く、ただただはやく自立したいと願っていた。

高校の時、父に進学しない、と言う事を告げると、
夜間高校しか出ていなかった父は、僕に進学を勧めた。
遊びにでもいいから大学に行って欲しい。
自分の将来を決めるのは出来るだけ遅いほうが良い。
多くの友人を作って欲しい、働き出して利害がからむようになると本当の友達は出来にくい。
いろんな人に出会って視野を広げて欲しい。
喫茶店のマスターでもいいが、そう言った経験を積んでから判断して欲しい。
と言われ、説得させられた。
元社会党(今は社民党)員の父は時々良い事をいう。
どうせ大学に行くなら、一生懸命打ち込める分野で学費を無駄にしたくないと思い、その頃高校の選択科目で工芸をとっていて、無責任な非常勤講師に、おだてられ芸術系の大学に行く事を決めた。本当はこの非常勤講師の先生には、すごく感謝しています。
進学を勧めた父は、初年度最初の学費しか払わなかった。さすがだ。
だから浪人してでも公立に行くって言ったのに、、、

大学時代、いろんな友人や、人、師、に出会い、自分の視野の狭さに、驚きを覚えながら、いろんな考えを、許容できる柔軟さも身に付いたように思う、  かな?
本気でアーティストになりたいと思った。良い物を作れば認められるとも思っていた。

大学を出作家活動を続けたが、どろどろしたアートの世界の一面も見た、自分を分析するに、この状況で夢を見続けて作り続ける事は不可能と判断した。そこからのからの経過は、以前に書いたプロフィール通りだ。

漠然と、ふらふらと、いろんな事お思いながら、大人になり、いろんな偶然の結果、今の僕はいる。
あの時、京都に来てなければ芸大に行っていただろうか?
あの時、工芸を選択し無かったら?
そんな、あの時が、たくさんある。
でも中学の時、授業中に平面図を書いていた僕がいる。
どんなルートを通っても今の仕事をしていたかも知れない。

偶然か、必然か、いろんな経験をしながら、選択して、夢ではなく、現実を生きている。

妻と出会い、子供に恵まれ、元気に生活出来ている。それこそ夢のような生活を、、、、

  長々とお付き合い有り難うございました。
e0074935_10523728.gif

[PR]

by vanillaleaf | 2006-10-07 05:58 | 日々の事

焼肉 たかぼん 前後

e0074935_17533053.jpg
e0074935_17582318.jpg
e0074935_17583847.jpg
e0074935_17585580.jpg
e0074935_1759712.jpg

今回手がけたのはこの現場(上写真)
お盆明けに、「今から一月で出来ますか?オープンは27日なんです。」
店舗改装に期間が短いのは付き物ですが、準備期間が有ればの事、計画から施行まで1ヶ月というのはきついか、と思いましたが。
内容を聞くと使える物は出来るだけ使って欲しいとの事、大幅な変更をしなければ出来るかな、と、引き受ける事にしました。さてどう料理するかです。
焼肉店の場合、ダクト工事という、大きな設備工事が付随します。店内から煙を引き、屋上まで排気を引っ張らなければなりません。
これの配管の配まわしに、くたいを大部さわらなければならなく、大工工事、ダクト工事に、大きく時間をとられました。看板も最初は電飾看板(一番上の写真)にフィルムの貼り替えだけで行くつもりが、ダクトのじゃまになるので撤去して新しくする事に、前の軒先もダクトの経路に、おまけに、エアコンは焼肉コンロの熱源が大きいために、在来の物を撤去して天井に二機も据える事になり、天井も改修が必要になりました。
味付け前の基礎工事ほとんどが費やされます。
しかし前回の記事で紹介した書や什器で何とか落ち着いた雰囲気の店へと無事オープンに間に合いました。

出来上りは?
[PR]

by vanillaleaf | 2006-10-05 17:59 | 店舗設計

住宅建築に思う所や
建材等の話
施主とのやり取りなど

by vanillaleaf


ブログトップ
ヴァニラリーフ店舗情報