日本製システムキッチン

大原の今回の改装、キッチンはトステムのシステムキッチンを採用しました。
お年寄りと、小さなお子さんを抱える主婦にとって、キッチンのメンテナンスのしやすさ、収納力、機能、とても重要なポイントでした。
そこでオーダーキッチンと既製品の日本製キッチンを比較してみましょう。
e0074935_14422140.jpg
e0074935_14423828.jpg


まず。良い点

※ 掃除がしやすい。
それこそ各メーカー必死で、継ぎ目をなくしたり。汚れがとれやすい加工を施したり。換気扇のメンテナンスフリーなど、すさまじい物が有ります。

※ 収納力 
ムーブダウン吊り戸棚、フロアーコンテナ等、涙ぐましい努力で戸の開閉のしやすさ、引き出しのスムーズさ、全開放引き出し等、収納力アップに努めています。

※ 機能
食洗器、ガラストップコンロ、浄水器、コンベックなど機能も充実。
※ 大量生産によるコスト削減で、機能充実の割に最近の物は割安感が有ります。

難点

※ デザイン、テイストの選択の余地が少ない
カウンタートップは、人工大理石かステンレス
扉も、一見バラエティーに富んでるようですが、実はテイストの近い色違いだけしかなく、塗装や材質の強さを強調。
無垢の扉などは無く、あってもすごく高価な物になります。

※ 機器の選択の幅
外国製の食器洗い洗浄器やガスオーブンなどを採用したくてもそう言ったチョイスは、出来ません。国内製品でもカタログに乗ってない物は選択不可の場合が多いです。

建築業者としては、施工が楽、売りやすい価格設定、説明のためのカタログ充実。クレーム発生率も低く、発生してもメーカーに責任を振れます。

これらを見てみると、日本製システムキッチンでいいじゃないですか、って、感じです。
建築業者が、ほとんど日本製システムキッチンを施工するのもわかります。

ではオーダーキッチン。

※ デザインは自由です。
カウンターの材質 タイル、石、天然目。
扉、 無垢材、ステンレス、古材、アンティオーク仕上げ、モダン

※ 機器選択の自由
外国製、業務用厨房機器、この世にある物は何でもはめられます。

※ シンクの選択
ステンレス、鋳物、フレンチスタイル、好みで選べます。

難点

※ メンテナンス
タイルだと目地の掃除が大変、掃除などしやすい素材(ステンレスなど)も有りますが。
日本メーカーのすさまじい努力には勝てません。

※ コスト
同じ収納力、金物など、機能を充実させると、やっぱりオーダー物の方が、高くつきます。
ヴァニラリーフでは、予算によっては、収納力はお客様の工夫によってカバーしてもらい、コストを下げたりしています、使い手が工夫、手入れをする事も、家を楽しむ事の一つだと考えるお客様も多いので、キッチンに限らず。自然素材を使ったりするときは、助かります。

長々と書きましたが。これらを読んでると、システムキッチンに軍配が上がる気がしますが。
私の所では、オーダーキッチン要望の方が多いです。

日本のメーカーもデザインやテイストがばらけてくれたら、と、よく思います。
メーカによって、
家具調、和テイスト、
シンプルモダン系、
カントリーキッチン、
金属、クール系、
等々、デザインに特色と、得意分野を作ってくれると。
消費側も選択の幅が出来ていいと思います。
統計を取ってれる確率の高い商品を作りで同じお客さんを取り合うのはそろそろやめにしては?
と思う今日この頃です。

どちらにしても、使い手の、生活スタイル、好み、条件の中で、選択するしか有りません。
その時のその選択が一番正しいのでしょう。

私としては、施主と一緒に作り上げていく、オーダーキッチンは作っていて楽しい。ですが、、、
e0074935_6334851.jpg

大理石タイルカウンタートップ
e0074935_6345416.jpg
アメリカ製クッキングストーブ
e0074935_6391628.jpg
ステンレス製シンク
e0074935_6394945.jpg
鋳物ホーローシンク(コーラー社)
e0074935_6404058.jpg
フレンチスタイル鋳物ホーローシンク(コーラー社)
e0074935_6413965.jpg
古材のキッチンキャビネットドア
e0074935_6422577.jpg
ペンキ屋さん使用済み足場板で製作したガラス戸

More
[PR]

by vanillaleaf | 2006-09-28 14:41 | 住まい、インテリア

書とコラボ

実は、またまた焼肉店改装してました。なぜかつづくものですね。全く別のお客さんです。
そこで、時々このブログにも登場した照明作家さんの友達で、書家ではんこ、印章彫刻1級技能士の、斎藤江湖さん。
一度一緒に仕事をさせてもらいたいと、気になっていたんですが。今回、改装前のお店を見て、ここにはハマル!と思い声をかけさせて頂き、快く引き受けてくださいました。
ロゴも決まっていなかったので、まずロゴお書いて頂き。店内にも2点ほど、壁面に書いてもらう事にしました.

まずはロゴ。
e0074935_5511792.gif

ネーミングはオーナーが元気で明るい店にしたいと名付けました。
それを江湖さんが書でかき、焼き肉のはんこを作り、捺印。完成です。

そして昨日店内に、2文字
e0074935_5523239.jpg
e0074935_55245100.jpg
e0074935_553343.jpg

携帯の写真なので画像が悪くてすいません。
1字めは戯曲の戯、でたわむれる。オーナーの案です。楽しい店にとの事。2字めは、江湖さんがお店にと、数点提案した中から。
饗と書いて、もてなすとよみます。お客様をもてなす心を大切にすると、オーナーが選びました。
この二字を入った正面と柱型に書いてもらいました。全貌は開店の日に撮った写真でアップします。
焼肉 たかぼん、西天満に27日5時オープンです。
[PR]

by vanillaleaf | 2006-09-26 05:59 | 店舗設計

ゴロンボ

今の新築住宅にはめったに使われなくなったゴロンボ。
予想通り今回の改装、天井をめくると出てきました。
e0074935_5434619.jpg

これらのゴロンボ、水洗いして油を入れてやるだけで、この感じです。
e0074935_1112252.jpg
e0074935_1113763.jpg

やはり自然の産物、木の持つ迫力、美しさ、年輪を縦にぶった切って製材してしまっては、こうは行きません。曲がったまま使う事によって強度も出ます。
木の癖を見て使う場所や使い方を決めて建てていた家。
今は、ゴロンボを刻める大工さんも減ってきています。強度も美しさもある使い方、残していきたいです。
[PR]

by vanillaleaf | 2006-09-20 10:55 | 建築

フタ付き小便器

e0074935_4414538.jpg

正解はフタ付き小便器。
 男の子が三人もいる家庭なので、男子便所がほしいとのご希望。
限られたスペースの中、思案しました。
「確かTOTOにフタ付きの小さな小便器があったはず。」
あれなら洗面所に配置しても問題ないと考えました。
ところが、メーカーでは廃番になったとの事、、、、
残ってました、メーカーの倉庫に。良かった。無事洗面所に座りました。廃番になるなんて、あまり売れなかったんですかね。
いくら清潔になったといっても、小便器のトラップが顔をのぞかせているというのはチョット、と思っていたので、残っていて良かった。
で、おトイレはこんな感じです。
e0074935_4423328.jpg
e0074935_443746.jpg
e0074935_4431775.jpg
e0074935_4433210.jpg

リビングダイニングと同じテイストで仕上げました。
お年寄りのおられる家庭なので、手摺り兼、手洗いカウンター。ケヤキで作りました。
ユニバーサルデザイン、イコール、味気ない。ではいやなので、手摺りも全体の雰囲気に合わせたいです。
とって付けたようなタイルは、タオルの湿気からカビないように貼りました。
タオルが掛かれば違和感はないでしょう。
狭い所は写真が撮りづらいです。

昨日で1周年
[PR]

by vanillaleaf | 2006-09-16 04:39 | 住まい、インテリア

白いタイルと白目地

奥様は、洋風が希望だった今度の改装、諸事情でLDKは和風になったので、洗面所だけは洋風に仕上げました。
e0074935_662829.jpg

床は、ヤシの絨毯、梁を半丸だけ見せ、壁は珪藻土。洗面所は、湿気が多いので調湿効果を重視します。
水栓金物は、ご主人の希望もあって輸入物を使わず、シャワー付きのシンプルなものに。
洗面台は、現場施工で白いタイルに、白目地。
インテリア雑誌などでよく見かけるかわいいキッチンや洗面台、よく白いタイルと白目時で綺麗に作られたものが紹介されています。
当然それらに刺激されVANILLA LEAFにもそういうデザインを希望されて来る方が多いです。
相談に乗るとき、いつも頭をくじくのが私の役目です。
私たち建築屋は、付くってすぐ、綺麗な完成写真絵を取れれば写真映えもするしいいんですが、
使う方は、目地の水アカ、黄ばみ、カビ、白いまま維持するのは相当の努力がいります。
何年後に訪れても本当に白く綺麗にされている家もあります。予想道理に目地が黄ばんで汚れている家も、、、
清潔にしていても、長年かけ黄ばんだり、シミが出来ているしている様子は、生活感があり、わたしは好きなんですが、それが似合うデザイン、素材で構成されていなければ、、、
洋書なんかでよく見る、使い古された道具がならぶそうゆう雰囲気の古いキッチン。

そんな話をして、理解してもらった上で、
今回は、「洗面所だけはお手入れ頑張ります。」の宣言のもと、かわいい白目地、白いタイルに
フレンチスタイルの角形シンクで。
e0074935_665188.jpg

家に愛着を持ってお手入れお願いしま〜す!

e0074935_68128.jpg

洗面台の反対側、袖壁の向こうにちらっと見えているものは何?、、、答えは次回
[PR]

by vanillaleaf | 2006-09-14 06:03 | 住まい、インテリア

ステンドグラス

今回の大原の改装、施主の奥様は、実は洋風のお家が好きでした。
改装する家を考えると、洋風キッチンというのは無理があります。
そこで今回のようなデザインに落ち着きました。
でも、どこかでステンドグラスを使いたい!
この希望にそえるよう考えました。使った場所は、、、
e0074935_6103144.jpg

和風のキッチンにステンドグラス。まず一枚は、キッチンに隣接する脱衣洗面所との間に、
キッチンは割と洋風なのでクッションになり違和感なく収まりました。
小さなお子さんがおられる家なので、今は、子供が風呂に入る様子などが感じられ安心です。
e0074935_6224377.jpg

南側に位置するキッチンなのですが、西に石垣,南にも建物が迫り、採光の量が限られていました。勾配天井にするので、天窓を切ろうと考えていたので。そこにはめる事に、屋根にガラス瓦をはめ、こんな感じ↓に収まりました。この空間に2枚もステンドグラスはきつかったのですが、天井に行った事で、うるさくなく、希望を叶える事が出来ました。
e0074935_6102031.jpg


9.11
[PR]

by vanillaleaf | 2006-09-12 06:23 | 住まい、インテリア

雲隠れ1か月余り、そして大原完成!

イヤー一月以上潜ってしまいました。15日で独り言開始から1年。目前で雲隠れ。
更新されていないにもかかわらず、訪問してくださった方々。スミマセン!
これからぼちぼち復活します。
で、大原の改修工事も完成しました。
7月4日の記事、今度は改修工事!ベンガラ塗りの田舎建ちで紹介したもの。まずは画像を
e0074935_5113595.jpg
e0074935_5115339.jpg

床や腰壁は杉の無垢材で、着色は、ベンガラの黒、赤を亜麻仁油で溶いて拭きあげました。天井は、落として梁を見せ、勾配天井にし、サッシはペアにして内障子、組子は少しだけデザインしました。
e0074935_512957.jpg
このアングルから取った完成写真が下の写真
e0074935_5131747.jpg
e0074935_5134471.jpg
台所から居間を撮った写真がこの上下改修前後です。
e0074935_514118.jpg
ここでも同じくサッシはペアにして内障子、組子は少しだけデザイン。飽きのこない程度にデザインする。
店舗と違い、凝りすぎると飽きが来ます。長くすむ住空間は、シンプルに、でも、居心地がいい、
そのための素材やデザイン、ちょっとした工夫、遊び、ぽち、ぽち、紹介します。
ぼちぼち、お付き合いくださ〜い!
[PR]

by vanillaleaf | 2006-09-09 05:14 | 建築

住宅建築に思う所や
建材等の話
施主とのやり取りなど

by vanillaleaf


ブログトップ
ヴァニラリーフ店舗情報