振る舞い芋開始

e0074935_1775843.jpg

やきいも開始です。ある時だけですが、近くへ来られた方、お立ち寄り下さい。
いいにおいが店にしてたら、ラッキーて事で。
e0074935_1793593.jpg

店の看板もお化粧しました。
e0074935_17103019.jpg

時々私もいます。3時頃がチャーンス!
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-30 17:11 | 日々の事

もーいくつ寝るとクリスマス♪

e0074935_17492790.jpg

暗い話題が多すぎ!
年末に向かってお祭りムードでいきましょう!胃腸を整えて、準備万端。

気の早いクリスマスカードです。
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-29 17:51 | 日々の事

構造計算書改ざん2

改ざんさせた。改ざんした。確認申請通した。施工図面書いた。施工した。中間検査通した。完了検査通した。宣伝した。売った。
この間、どれだけの人が(プロ)が携わったのだろう?
その中の何人がこの事実に気がついていたのだろう?
多分相当の人が知っていたに違いない。なのに何故?

お金を持っている。払うほうが偉い。と言う風潮に、みんなが自分の仕事に誇りを持て無くなっているような気がする。
払うほうが偉いの?
仕事をして欲しいから払う。仕事を出来る人がいなければ頼めないし払えないんですよ。色んな人がそれぞれの仕事をするから大きな事、小さい事。自分に出来ない事をやってもらっている。その代価がお金なだけ。そう言う感謝の念が薄れている。

仕事がなくなるのがこわい。責任をとらされるのがこわい。怒られるのがこわい。恫喝されるのがこわい。仕事への誇りが薄れて。自己保身のみに生きている。
人間弱いから解らないでもない。

この世に人間として、生をうけた以上。生きる喜びを感じて生きたいと思う。
それは何なのか。自分の中では、仕事を通じて社会貢献だと思っている。
大げさの事ではない。どんな仕事でも良い。自分に出来る事を社会の一部として一生懸命やる。誰かが喜ぶ。
喜ぶ顔が直接見えない事が多いでしょう。しかし今日やった事が誰かのためになっている。仕事とはそう言う物だと思う。その事を想像しながら仕事をする。自然と仕事に誇りがもて社会貢献しているんだと言う充実感が湧いてくる。

マンション一つ作るにも。土工、型枠大工、配筋工、大工、設備、電気、左官、タイル職人、塗装工、サッシ屋、ディベロッパー、設計士。監督、検査会社、、、
色んなプロ一人一人が、でき上がったマンションに住む人の笑顔を想像出来たらこんな事にならなかったのに。
今、報道されているのは、新築マンションに入居して、泣いている人の顔
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-29 05:44 | 日々の事

構造計算書改ざん

今、ちまたを騒がしている構造計算書改ざん問題。
これについては、ブログでさらっとコメントが出来ない大きな問題ですが。
三日ほど前平塚市のホテルでも市のチェックミスで,改ざんされた構造計算書が確認申請で通っていた問題の記者会見で,
大蔵律子市長は、改ざんを見抜けなかった事について、

「厚さ10センチに達する書類に数字が羅列されている。建築確認申請が出てから、それを一つ一つチェックするのは厳しい」などとほざいていた。

そもそも確認申請の構造計算は、建物を使う人や近隣の住民の安全を確保するために、
国が定めた物で、その十センチにも及ぶ数字の羅列された物を要求しているのは官の方なのに、それをチェックする機関が分厚すぎてっチェック出来ないなんて、どういう事?!

素人が、生命保険や損害保険の長々と書かれた約款を周知していないというは良くある話だが、その道のプロでしょう?
「私たち素人だから出来ません!」て、言ってる様なもんです。
その上、そんな弁明を市長が役所に替わってすると言うのにもっと腹がったった。
市民の安全を守るのが市長の仕事、市民の代弁者としても選挙によって選ばれてるんだから、市民の安全、利益を第一に考え行動しないで、役所を訳のわからん事言ってかばっている。(かばってる事になってないけど)、おかしい!

まず謝る、そして役所のミス欠陥を徹底的に追求し二度とこの様な事にならないよう、改善策をうちだす。が普通の対応じゃないんかな?

でもその市長を選んだのは市民なんですね、チャンチャン。

お口直しに
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-28 10:32 | 日々の事

お散歩

e0074935_9425836.jpg

昨日は、午前中に、現場打ち合わせと、いま施工中のシーズケーキショップのオーナーとの打ち合わせをすませ。
水筒にお湯と、カップヌードル、お嫁様手製のいなり寿司30ヶを持って、大原盆地を散歩に行きました。
家から隣の部落を通って寂光院の方へ途中子供のクラスメートの家を襲撃しながら。
寂光院に近づくとだんだん人が増え、紅葉狩りどころか、人見物。
ひと部落隣なだけで凄いにぎわいでした。うちの部落はとってもしずか。
路地に入った公園でお稲荷さんとカップヌードルを食べて、
三千院のほうへ行くと今度は車が大渋滞、いつも静な自宅付近しかうろつかないので。歩くのにも難儀する状態にびっくりでした。
またまた三千院近くの長男のクラスメートの家を襲撃、参道の手作りお餅を売っているところで、売り物の大学芋とお茶をタダでご馳走になり、人のいない田んぼのあぜ道通って帰宅。
帰り道で同じ町の知り合いのおじさんに、野菜をいっぱい貰いました。
歩いて回ると日頃合わない人や、風景にいっぱい出会え、心地よい疲れで、ビールが
とっても旨かった。
遅くなりました、写真アップしました。

More
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-24 09:44 | 京都 大原

ペットと同居

今日、改装工事の下見でお客様の自宅を訪問しました。
依頼内容の中に建具にネコちゃんの出入り口を付けて欲しい。
と言うのが含まれていました。
何度か、作った事は有ったのですが、モールで飾りだらけの新建材のドアで、
綺麗に作るのはきびしいなーと考えつつ。
洗面なども触るので、猫を飼った事のない私は、ペットと同居する住人の事にあまりにもくわしくない事に気が付きました。

最近は大型のワンちゃんも家の中で一緒に暮らす所も増えています。
住人ならぬ住ニャン住ワンの事もある程度は知っていないと、本当の意味での住み手のライフスタイルに合わせた住宅の提案は出来ないですね。
ネコちゃんが引っかきにい壁材は何?傷付けにくい柱は?
通り道にはどれくらいの開口が必要?
猫の動線、犬の動線、ペットと話出来たらなー
家作りの時に、犬小屋も一緒に提案しないと、既製品の犬小屋では浮いたり。
勉強します。
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-20 05:17 | 建築

テラコッタタイル

この記事のmimikichiさんのコメントに知りうる限りでテラコッタタイルについて書いてみます。
テラコッタテラはスペイン語で地球コッタは、焼かれたで、
まあ地球焼き、土焼き、自然焼き、て所です。テラコッタ自体は、秦の兵馬俑のの傭や埴輪などが元祖。全般的には素焼きの彫像やレリーフの事を指します。
e0074935_9583662.jpg
<階段の段板にテラコッタ使用>
日本でテラコッタタイルと一般的に言われている物は、素焼きの釉薬処理のないタイルの事です。
日本に流通しているのは、スペイン産イタリア産がほとんどで、メキシコ産は少ないですが、入手可能。
その中でも手作りの物、機械生産の物があり、微妙に雰囲気が違います。
素焼きの素朴感を求めて採用するのですから、製品精度の低い手作りの方が風合いが有って私は好きです。施工はしにくいと、職人さんには愚痴られますが、、、
メキシコ産のテラコッタは、天日干ししただけの物もあり、(アメリカのタイルやさんに聞いた話なので確証はありません)猫の足跡などが付いていたりします。
うちでもよくメキシコ産の天日干しタイルを使いますが、猫の足跡は、アタリ!て事で気にせず使います。
e0074935_9565962.jpg

特色としては、素焼きなので、
精度が悪く、施工しづらい。
しみこみやすい素材なので、汚れやすい外部ではカビやすい。
柔らかいので、かけやすい、傷つきやすい。
輸送時割れやすい。(これは施工してしまえば問題ないです。)
手作り感が有り、暖かな素朴な感じ
タイルの割に、空気を多く含んでいるので、裸足で歩いてもあまり冷たくない。
通常のタイルより柔らかいので歩いていても疲れない。
具体的な特徴は上記のような事です。
e0074935_9544258.jpg

適材適所、で使い分けが必要だと思います。
内部で使う場合、シミ汚れ対策としては、シーラー処理をすれば、
汚れにくくなりますが、綺麗に取れる、とまでは行きません。
ただ、廻りの素材が無垢の木や、漆喰、珪藻土などであれば、どれも自然と、劣化し汚れ傷ついていくのですから、いい感じの経年変化が楽しめると思います。
建物も住人も一緒に成長していくという事です。
ですが、新建材だらけの家には、おすすめしません。たぶんその部分だけ浮いてしまうと思います。全体のバランスが大切です。

床暖房の床材の素材としては、熱伝導率が悪いので、効率がいいという事はないのですが、
その分、暖かさの伝わり方が優しいので、いいと思います。
e0074935_10163684.jpg
<この下には床暖房施工>
外部は、日本で使用する場合、シミ、苔は防ぐ事は出来ないと思います。
シーラー処理をして苔シミにくくする程度しかできません。それは日本の環境になじむという事だと思います。私は嫌いではないのですが、これは好みなので、いやならば外部で使用する事は避けた方がいいでしょう。
でも古い洋館の日本製のレンガ塀が苔むしているのを見て、「いい感じだなー」と思った事はありませんか?
その感覚でなら使えると思います。
e0074935_9574243.jpg
<施工して四年目の玄関ポーチ>
ただ北向きの、暗い、じめじめした所は、避けた方がいいと思います。苔で滑りやすくなりますし。黒いカビもはえやすいです。
こんな所です。
e0074935_9592150.jpg

ただし、住宅は、上でも記述したように、トータルのバランスが大切です。
その辺の素材を使い慣れた専門家に具体的な状況、住人のライフスタイル、好みに合わせて、提案して貰い、管理して貰う事をおすすめします。いやがる施工業者に無理矢理施工して貰っても、いい結果は出ないんじゃないでしょうか。
以上、VANILLAな哲ちゃんのワンポイント建材講座でした。
mimikichiさん参考になりましたか?

おまけ
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-18 10:03 | タイル

採光

昨日、プラス1リビングという雑誌の取材で、(2006年1月に出ますこうご期待)今春施工した住宅を、お訪ねしました。
e0074935_12235047.jpg
e0074935_12255841.jpg
e0074935_123073.jpg

植栽も植えられ、家の中も生活感が感じられて、竣工時よりも暖かな感じがうれしいです。
ライターの方のインタビューに、天気のいい日は陽差しがあふれんばかりに差し込んできて、
今の時期でも暖房が要らないほどぽかぽかして気持ちのいいとの事。
e0074935_12264787.jpg

道路面が北向きの宅地で、周りが南東西住宅が迫ってたっているので。
どう採光するか、レイアウトの上でも悩んだ建物でした。
南側にあったぼろぼろの波板壁を、視界からはずすために、平屋の和室を離れの様に作り、廊下でつなぐ。北に向かって片流れにする事により、陽差しを遮るのを最小限に抑えました。
リビングを南側に配置し、吹き抜けも南面に、吹き抜けの高い位置にフィックスのガラス窓を持ってくる事で、より明るいリビングに。
主寝室も二回の南側に、前に少し大きめのベランダを配置し吐き出しの窓を付ける事により、開口面を大きくして、
隣家と視線の合う西側には高窓を付ける、視線を切った上で午後の陽射しを取る事に。
e0074935_12382850.jpg
e0074935_12384128.jpg

縦長の敷地で、限られた南面のスペースなので、
北向きに押しやられた玄関、洗面所、和室はスカイライトを配置し暗くならないように工夫しました。
家中明るく出来たかな?
施主のコメントにとてもうれしい取材でした。

建物は、住む人のライフスタイルに合わせて、家事の動線、採光、風通し、湿気、強度、安全性、暖房、冷房設備、素材に、デザイン、様々な事が複合、工夫して作らなければなりません。
毎度毎度が勉強です。勉強させて貰ってすいません!
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-16 12:24 | 建築

間違いだらけの工務店選び。

間違いだらけの工務店選び。
と言う、記事の簡単な電話インタビューを、ある雑誌のライターさんからうけた。
その質問の中に、人から紹介してもらった工務店に頼む失敗、と言う質問が有った。
建物にこだわりの無い人で有れば、それも正解かも知れない。
紹介された以上、裏切らないように、しっかりやる。当然誰もが、心がけるでしょうし、紹介した人も、その工務店の姿勢、仕事などを、見て、良い所が有るから紹介するわけですから。

しかし、工務店、設計士、色んな特色が有り、得意とする所も様々です、
いくら親切で、丁寧でも、出来ない事は、出来ません。
知り合いの一級建築士に頼んで、失敗した!なんて話は、本当によく聞きます。
本当に自分の理想とする空間を作る時、
その空間作りに有った建築家や、工務店との出会いは、不可欠で且つ大変難しいと思います。
この人だ!と思っても、100%満たされる事はなかなか有りません。
ましてや、知り合いの適当な所で手を打つ、そこでぴったりの工務店に出会うなんて奇跡ですね。

そんな話をしていると、
ライターの方が、「知り合いに紹介してもらうと言う事は、その時点ですでに、施主が手を抜いていると言う事なんですねー。」なるほど。
家作りの第一歩目から、手抜きでは、良い家は出来ませんよ〜

今日から、CAFE着工!出会えて良かったと思われるよう、頑張るぞー!

ライブ
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-14 05:38 | 建築

輸入建材Fromロス

ブログアップ用に写真を見ていたら、去年新築2件分の買付でロスに行ったときの写真を見つけて、もう一年かーと、時の過ぎ去る早さにを驚きながら、
e0074935_12162895.jpg
<ロス友人宅からの風景、サンタモニカから15分山の中Topangaというところです。>
そう、ロスです、この仕事の深みにはまったきっかけ、前にアップした我が家は建て売りで記述したようにロスの友人宅(そのころその友人はロス郊外の古家を買ってセルフリフォームしていた)やホームセンター建材屋さん、等を巡り。
カルチャーショックを受けたからです。
e0074935_12182590.jpg

今は、その友人と雑貨や建材の輸入販売を一緒にやっていて、去年の買付もそこへお世話になりました。
建築材料については、専門の建材屋さんで買い付けをしますが、
日本で言うホームセンターでも良く買います。そこで在庫している物であれば、専門店に行くより、安く仕入れることが出来たり、品揃えも専門店より良かったりするからです。
e0074935_12194293.jpg
e0074935_12231069.jpg

又専門店に行っても、日本のようにプロユースだから安く卸してくれると言ったことは、あまり有りません、ロスでは、施主が材料を買って施工者に渡し、使ってもらうらうというのも良くあり、職人さんは、物を売って儲けるという部分はなく、純粋に技術料を取ると言うだけです。とてもクリーンでいい仕組みだと私は思います。(だから職人さんのギャラは結構高い)
e0074935_1222352.jpg
e0074935_12211267.jpg

話はそれましたが、ほんとに日本に比べると、デザインその他選択肢の多さが、
自分の個性ライフスタイルに合った住空間作りの助けになっている。
作る施主のニーズがそこにあるから、そういった品揃えになっているのでしょう。
やはり日本も住み手がもっと住宅に対して意識を高め、わがままになって貰う事が、
日本の住宅環境の改善につながるのかな。
最近そうゆう空気少しずつは、出てきているみたいですね

ホームセンターカタログ
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-10 12:22 | 建築

住宅建築に思う所や
建材等の話
施主とのやり取りなど

by vanillaleaf


ブログトップ
ヴァニラリーフ店舗情報