ペレットストーブ設置しました。

京都大原学院には、空き教室を提供していただき、
京都市の制度、昼間里親という保育施設と、
放課後の子どもの安心安全な居場所作りとして、
放課後学び教室と学童クラブをドッキングして運営しています。
大原の寒さは半端ではないので暖房器具は必需品。
電気のエアコンは付いているのですがしっかり暖めるには、という事で、
京都市の補助金も受けて、2施設にペレットストーブを設置しました。
炎の揺らぎをと遠赤外線効果であったかです。
e0074935_8468100.jpg

e0074935_8462849.jpg

e0074935_8464259.jpg

京都市では右京区京北町で間伐材を原料にペレットを生産しています。
このペレットの消費が増える事で京都の森が元気になり、
CO2削減にもなり、みんなが暖まれる一石三鳥です。
カーボンニュートラルな木質燃料の地産地消が進むといいですね。

ちなみに大原学院は小中一貫校です。1年生から9年生が元気に学院で学んでいます。
そしてそこに保育施設・学童クラブ・1〜3才時の育児中の親が子どもと集う「つどいの広場」
の三つの子育て支援施設が運営されていて、0才〜15才の子どもが1施設内で活動しています。
e0074935_8465621.jpg

[PR]

by vanillaleaf | 2014-02-17 08:50 | エネルギー

カーボンニュートラル

木質ペレットは主に間伐材から作られています。
燃焼時に排出するCO2は木の成長段階で吸収された分で、
地球上のCO2の量は変わりません、これをカーボンニュートラルと言います。
当然、山の世話をして出た間伐材ならではの話です。
切りっぱなしの山から出た材で作った物では、ニュートラルとはいえません。
海外製のペレットを焚いたり、遠い地域からガソリンを焚いて運んで来たペレットでも同じことです。
ペレットは、地産地消が原則、
京都では、京北で森のちからさんがペレットを生産しています。
京都市内でも手軽にペレットを入手できるようになったので、
ヴァニラリーフでも、ペレットストーブの施行販売を始めました。
e0074935_16131659.jpg
e0074935_1613628.jpg
e0074935_16125547.jpg
e0074935_16124043.jpg
e0074935_16122974.jpg


今年の大原は、雪は少ないですが、寒さは厳しいです。
大原で今月2台設置予定です。
[PR]

by vanillaleaf | 2012-02-16 16:15 | エネルギー

大原の店づくりで心がけた事

出来るだけ自然に添って作りたいと思いました。
電気の消費を出来るだけ抑える、化石燃料に頼らない空調、
自然一杯の大原ならではの、店づくりです。

夏の冷房、
山の涼しい空気を取り入れるために、高い所に風通し窓をもうけ、店側勝手口側、すべての窓に網戸を付けました。
e0074935_9482138.jpg
e0074935_9483763.jpg

断熱もしっかり、夏、屋根や壁が焼けてに熱が伝わると、風通しをよくするぐらいでは追いつきません。
珪藻土の壁も断熱と調湿に一役買ってくれます。
e0074935_949257.jpg

冬暖かく、
大原の冬の寒さは厳しいです、毎朝外の温度計の針は−5℃をさします。
ここでも断熱が力を発揮します。そして熱源が循環型エネルギーの薪を使った薪ストーブ
遠赤外線効果もあって、優しい暖かさを提供してくれます。
e0074935_9493014.jpg

照明器具のいらない室内
天窓であかりをとります。
昼間は照明を点けずに仕事や打ち合わせが出来ます。
e0074935_949468.jpg

何よりも美味しい空気、良い景色
気持ちのいい自然に囲まれた大原ヴァニラリーフに是非お越し下さい。
e0074935_9533234.jpg

e0074935_9535713.jpg

[PR]

by vanillaleaf | 2011-06-19 15:05 | エネルギー

エコ給湯で床暖房in大原

熱源をエコ給湯で、床暖房を施工します。
只今、寂光院参道の草庵施行に引き続き同じ草生町で、住宅の改修工事を施行しています。
京都、大原は底冷えするので、断熱性能を上げ床暖房と、蓄熱ヒータで暖を取ります。
床暖房は、電気でもガスでもかなり光熱費負担が上がるのですが、エコ給湯を熱源にすると、かなりエネルギーコストを抑える事が出来ます。
エコ給湯のヒートポンプは460kwしか電力を使わないので、深夜電力以外の時間帯でも電気代としては、しれています。深夜に沸かしたお湯と熱交換するだけでは、湯量が足りないので、夕方や朝もヒートポンプを回す結果となるのですが、灯油を熱源にしていたときより、我が家では給湯も合わせてですが月々一万円ほど、燃料費が下がりました。(我が家の床暖房と給湯の熱源を昨年灯油からエコ給湯に替えました。)

お湯を回す床暖房のマットの施工は、かなり高く付きますが、今回、キッチン、ダイニングを総タイル貼りにする事のなったので、直埋設型の床暖房とする事にしました。

下地セメントを10センチほど打ちその中にお湯を通して、そのコンクリートを蓄熱層として床暖房に利用します。コンクリートの下には、100ミリのスタイロフォームで断熱しました、これで一度暖まると3.4時間暖かさが持続します。我が家では深夜3時から朝7時までと、夕方3時から夜の7時までの計8時間床暖房を入れていますが、リビングはこれで快適に暖かです。

この現場も、窓の結露と、住宅内温度差が悩みの一つだったので、過ごしやすい住宅となる事でしょう。

e0074935_15434941.jpg
e0074935_1544209.jpg
e0074935_15443595.jpg
ここにエコ給湯がつきます。
[PR]

by vanillaleaf | 2010-04-15 11:57 | エネルギー

不二家の改ざん、東京電力の改ざん

>koro49さんのmoreの部分にトラックバックです。外は吹雪more
原発関連の改ざんや不正は延べ24項目、199回らしい、
以下の信濃毎日新聞の信毎WEB社説2月2日をご参考に。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

発電所のデータの改ざんや、電力会社から国、県への虚偽報告が相次いで発覚している。元になる数値が信用できないのでは、原発をはじめとする電力事業の信頼性そのものが崩れてしまう。安全管理態勢のどこに問題があるか、国と業界は至急、洗い直すべきだ。

 東京電力の柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市)1号機では、緊急炉心冷却装置(ECCS)のポンプが故障していることを隠し、正常に動くかのような偽装をして国の定期検査に合格させていた。

 ECCSは事故の時に炉心を冷やすためにある。安全装置の要である。重大なごまかしだ。

 不正は福島第一原発(福島県)など、東電のほかの原発でも見つかっている。延べ24項目、199回に及んでいた。

 問題とされた点は既に改善され、運転や安全性に支障はない−。同社はそう説明するものの、不正があった事実は軽視できない。

 水力発電ダムでも問題が起きている。中国電力土用ダム(岡山県新庄村)のデータが改ざんされていたことが昨秋、明るみに出た。

 重く見た国土交通省が電力会社に自主点検を求めたところ、全国67のダムで不適切な報告のあったことが分かった。その中には長野県内の四つのダムも含まれている。

 電力会社のデータ管理に厳しい目が注がれるようになったきっかけは、2002年8月のことだった。東京電力が長年にわたり、原発でトラブルを見つけながら検査結果や修理記録を改ざんしたり、うその報告書を作っていたことが露呈した。

 一連の問題は、ごまかしの体質が電力業界全体に巣くっていることを示している。原発製造会社によるデータ改ざんもあった。

 原発のような巨大なシステムにトラブルは付き物だ。大事に至らせないためには、問題を芽の段階で見つけ、手を打つのが大事になる。表面だけを取り繕うのでは、業界での情報の共有も難しい。

 国民の多くは、原発などの安全性を考えるとき、電力会社や国の説明、データに頼らざるを得ない。そこにうそが紛れ込むと、論議そのものが成り立たなくなる。

 02年の東電のトラブル隠しをきっかけに、原発の幾つかが運転停止に追い込まれた。原発の使用済み核燃料をもう一度発電用に回すプルサーマル計画も足踏みしている。

 信頼があってこその原発であり、電力事業である。その前提は、都合の悪いデータも含め、すべてを公開することだ。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以上ホームページより引用

不二家は、確かにずさんな衛生管理と隠蔽をつづけてきた。
消費者や、子供の夢を踏みにじる、あってはならない行為です。
しかし、行政に指導され、マスコミにたたかれ社会制裁を受けています。
企業として立ち直れない程に
この状況が正常ならば、電力会社の隠蔽や不正は、なぜこんなに扱いが小さいのか、
数年で、ほとぼりが冷めたかのようにじわじわと動き出している。
マスコミが騒がないのは、本当に視聴者がのぞむ情報ではないからだろうか、
あまり大騒ぎしないようにと箝口令が敷かれている気がしてならない。
さらに危険なのは、全く隠蔽するのではなく、言論、情報の自由を守っていますよ、
とPRしつつ、上手に民衆の世論誘導が行われているのではないかと疑ってしまう。
だまされないで、目を開けて物事を見ていきたい。
地球の未来のために。

昨日は京都市保育園の笑顔いっぱい元気いっぱい 保育フェスタへ
娘の絵が飾られているとの事で、都メッセに見に行ってきました。
e0074935_1035263.jpg

笑顔がいっぱいの絵に心が和みました。親ばかです。
[PR]

by vanillaleaf | 2007-02-05 09:53 | エネルギー

MOX燃料とプルサーマル

このブログにも時々訪れていただく、hampasoさんのブログで紹介されていた
「六ヶ所村ラプソディー」という映画、
見てはいませんが、ホームページに訪れ、少し思う事を書きます。
MOX燃料とは、六ヶ所村の再処理施設で、原子力発電所で出た核廃棄物を再処理して、プルトニウムを取り出し、ウランと混ぜてつくる核燃料の事です。それを高速増殖炉でなく普通の原子炉でゆっくり燃やすというのが、プルサーマル計画です。この危険性については、原子力資料情報室(CNIC) なぜ「脱原発」か  で、わかりやすく書いてあるのでご参照を。
日本には55基の原発が稼働しています。すべてが自然の豊かな海沿いの田園地帯に有ります。
これらの施設は、微量で安全だと言いつつ放射能を出しています。そしてひとたび事故が起これば結果は、言うまでもありません。
私は、電気もガスも石油も使わない生活をしている、エコロジストではありませんが、このリスキーで、将来の地球に負の遺産を残すような事をじっと見過ごして良いのかと思います。
国家は、食育基本法なんて法律を作りながら、一方で食の安全どころか国土を未来にわたって汚染しつづける危険性のあるエネルギー政策をとっている。
政府や、電力会社は原子力発電は、コストの安いエネルギーだと言っていますが、
いろんな研究によりそうではない事が実証されています。
かりに原子力がロウコストだったとしても、それで電気料金が高くなっても良いではないですか、安全な電気なら喜んで高い電気料金を払います。
核燃料以外で化石燃料の代替エネルギー研究が進む中、原子力に固執する日本政府は理解出来ません。
原子力政策にぶら下がってる企業やゼネコンの圧力に屈しているのか、持ちつ持たれつになっているのか、
解決の糸口が見えないのでまとまりがつきませんが、おかしい事にはおかしいと言い続けなければ、、、
とにかく原子力は反対です。

お口直しに
[PR]

by vanillaleaf | 2007-01-21 17:27 | エネルギー

薪ストーブの燃料

もう少しVANILLAな哲ちゃんの輪を広げようと人気blogランキングへに参加しています。協力していただけるとうれしいです。
     人気blogランキング今日の順位は?

薪ストーブの燃料。言わずとしれた、薪です。
うちは建築廃材と植木屋さんが処分する廃木をもらい薪にしています。
今年たぶん最後の薪運び、家族総出でやります。私が切ったり割ったりして良いサイズの薪にした物を、子供たちが運びます。働かざる者暖まるべからずです。
e0074935_11384364.jpg

どうせ何処かで焼却処分される廃木、整理して薪にする。手間のかかる作業ですが、
燃料費の節約、化石燃料の消費節減になり、地球温暖化防止にも少しは助けになります。
何より、みんなで運び用意した薪で心も体も温まります。
e0074935_11392481.jpg

   暖か〜い  
[PR]

by vanillaleaf | 2006-03-16 11:43 | エネルギー

プルサーマル始まる?

九電のプルサーマル計画、佐賀県知事「安全性は確保」
 九州電力が玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)3号機で計画しているプルサーマル発電について、佐賀県の古川康知事は7日会見し、「安全性は確保される」との見解を正式に発表した。
玄海町は近く計画に事前了解(同意)するとみられ、県も同意する見通しだ。
上記事 2006年2月7日12時48分 読売新聞 から引用

 佐賀の九州電力のプルサーマルが動き出した。
石油に代わるエネルギー確保が必要なのはわかる。が何故、先進各国が廃止、縮小している原発に日本は固執するのか?
福井で事故を起こし休止になっているのに、、、
核燃料リサイクルと聞こえはいいが。
より、処理不可能かつ有害な核廃棄物を生むプルサーマル。
フランスに送った廃棄物も突き返され、今青森の六ケ所村で行き場を失い保管されている。
自分たちで処理出来無いごゴミをこれ以上作って未来の子孫達にどう顔向けする気なのだろう?
ジャンボジェットも落ちます。技術の粋を集め細心の安全対策をしても。
確率は低いでしょう。
しかし落ちます。
核施設も事故は有ります。
チェルノブイリの悲劇も覚め有らぬ今。
通常原発よりさらに危険度の高いプルサーマル。
又将来に負の遺産を残そうとしています。
ゼネコン、電力会社、原子力開発関連業者。
いろんな利権の匂いがする原子力開発。
何故止められないか。

カエルも住めない国になっちゃうよ!グゲ!
[PR]

by vanillaleaf | 2006-02-09 17:50 | エネルギー

薪と炎とにCO2

前回の記事で薪ストーブ、アップしましたが、
ゆらゆら揺れる炎を眺めていると、本当に飽きない、冬は、ストーブの前にいる時間が長くなります。
地球上で唯一火を操ってきた生き物としてDNAに刻まれているのかも?
e0074935_527592.jpg

住宅建築を考える時、暖房は、何時も悩ませられます。器械による暖房器具は、
ガス、石油、エアコン、すべて化石燃料に頼る物です。(エアコンの場合電気ですから。水力原子力等々の場合その枠外になりますが)

地球温暖化防止、CO2排出量削減、地球環境が直面したこの大問題に、私たち建築屋が出来る事を考えると、建物の断熱、保温効果による暖房のためのエネルギー消費を押さえる事、快適且つエコロジーを提案したいものです。ソーラーハウスや、外断熱、蓄熱式床暖房、ソーラー発電、高ジェネレーション式ガス発電給湯暖房器、やろうと思えば色んな方法が有ります。
導入に、費用がかかりすぎたり、各企業の思惑が見え隠れしたり、
施主にも色んな考え方が有り、予算その他、押し付ける訳にもいかないので、
勝手にやれる事は断熱に気を使うぐらいです。
断熱材、ペアガラスなど、建材や方式も進歩し、住宅の保温効果は、アップされて来ています。
機密性の問題は、換気、ハウスシックなども絡み、高ければいいと言う事ではないと思うのですが。この事は色んな考え方が有り、長くなるので又今度やります。
e0074935_5274510.jpg

結局、効率がアップしたにせよやはり化石燃料に頼っている事に変わり有りません。
これは、父親に聞いた話なのですが、戦前、福岡の田舎村では、燃料確保のための雑木林を村で所有管理していたそうです。今年はこのエリアを伐採、このエリアを植林、下草刈りをしたり、いわいる里山との共存をまさにやっていたわけです。
薪は、成長過程で植物としてCO2を消費しているので、燃やしてもCO2排出にはならないとか、ただ焼き畑農業や、手入れもしないでただ伐採は、だめですが、
もう一度薪を見直せない物かなーと思います。うちの薪は、現場ででる建築廃材、知り合いの植木屋さんからもらう手入れ時に出る廃木です。
都会で里山と共存は出来ない、安価で薪を調達する事は大変です。

ただ、戦後の植林事業で、建築材の杉、桧ばかりを植林したため、国内林業も大きな問題を抱えています。バイオマス資源の利用を考えたペレットなども注目を浴びてきているし。それらの森林資源を、うまく利用し、山もよみがえり、CO2削減に繋がる、良い方法は、、、、
[PR]

by vanillaleaf | 2005-11-01 05:04 | エネルギー

関電VS大阪ガスエネルギー消費者争奪戦

住宅をプランするとき、オール電化かガス電気併用かよく相談を受けます。近畿エリアでは、関電と大阪ガスが、ちまたのメディアで激しい顧客獲得戦を繰り広げているおかげで、消費者は表面上だけの情報を聞きかじって混乱しているというのが現状。
エコロジー、CO2問題
化石燃料を燃焼させているのは同じでしょう。
(原子力発電に関しては、安全に処理できない核廃棄物を生産し続けている点では、大問題ですが、大阪ガスとの戦いとは関係ないのでここではおいといて)
消費エネルギーの変換効率は、発電時の発生熱のロスと送電時のロスで75%電気はロスすると大阪ガスは関電を攻撃しているが、それは火力発電のみの話で水力や原子力はどうなるのか、つっこみが著しく偏っている。
関電は関電でオール電化にすると電気ガス併用にするより必ずコスト削減になるように言っているが、一日中誰かが家にいるような家庭ではそうとは限らないし、ほっと料金やその他のサービス料金設定時のガス代とは比較していない。消費者にフラットな情報を与えていないのです。
電磁波問題、大阪ガスはIHクッキングヒーターの電磁波問題で雑誌あまから手帳 (大阪ガスが出版しているも同然)などを使って総攻撃を仕掛けているが、電磁波が、どこまで危険かは、グレーではあるがはっきりクロだとは証明されていないし、関電ではヘアドライヤーなどはクッキングヒーターの何倍も電磁波を出すと反論、まあグレーで有る事には間違いないので、気になる人にはバツですが、これも勝負はつかず。
ならば使い易さでと、どちらも奥様集めて料理教室、「掃除がしやすいお湯が早く沸く」と関電、ならば大阪ガスも、「ガラストップコンロの開発でもうちも掃除しやすいし、炒め物ならガス」、「いやいや使い方次第でカロリーの高い電磁調理器の方が美味しく出来ます」と関電、、、、、
お次は床暖勝負、大阪ガスはコスト安と柔らかい暖かさを主張、おまけに安値で床暖のマットや器具をばらまいてなりふりかまわない状態、でも消費者的にはこの戦いは、大阪ガス有利かも。
エコウィルに、エコ給湯の戦い、エコウィルはコウジェネレーション式ガス発電給湯システム、(ここで発電された電気の余剰は関電は買い取りしない)エコ給湯はヒートポンプ式の高効率電気温水器、
しかしここまでくると、消費者も訳が分からん状態、結局自分の好みの部分を拾って自分で判断するしかないって事ですか、ちなみにヴァニラリーフには関西電力の営業も大阪ガスの営業も来るのでどちらにも「うちの方がすばらしい」冊子を作ってもらって店内でもバトル進行中、どちらに肩入れもせず、お客さんの生活スタイルなどに合わせたアドバイスをして選んでもらってますが、一度どちらかに選択する変更するのにエラク費用がかかるので慎重に考えないと。

まあエコや省エネとのたまう戦いにかっこつけて実はエネルギー消費量増加をあおるエネルギー供給会社の話はおいといて、
出来るだけ化石燃料の消費を押さえた生活が出来るよう一人一人が工夫する事を考えよう。
[PR]

by vanillaleaf | 2005-09-21 17:54 | エネルギー

住宅建築に思う所や
建材等の話
施主とのやり取りなど

by vanillaleaf


ブログトップ
ヴァニラリーフ店舗情報