ドアシリーズ第三弾!フェミニンなドア2枚目

滋賀県は大津市で施工していたリフォーム。
リビングとダイニング、2階の子供部屋、玄関の改装工事です。
中はだいたいかたずいていましたが、玄関がなかなか決まりませんでした。
ようやく立ち起こしのフレーミングや番地の彫り込み文字なども決まり。
塗装タイル工事を終え、仕上がりました。
e0074935_185329.jpg

サッシをすべて木製に替えたので、窓廻りの外部が一部どうしても補修になってしまいます。
取って付けたような補修はいやだったので、わざとフレーミングを立ち起こして、オフホワイトで塗装しました。
e0074935_1811167.jpg
センターの出張った部分は、下地の木まで水がしみて腐っていたので、外壁を全部やり替える事となり、
そこだけ外部用の珪藻土を塗りました。つぎはぎの補修ではなく、デザインでこうした。
と言う風に仕上がっているでしょうか?

e0074935_18162974.jpg

そして玄関ドア。フレーミングのトップをアーチにして番地を彫り込みました。
ドアはアンティーク風でちょっとフェミニンに前回の記事で紹介したドアにちょっと似てますね。
e0074935_18214142.jpg

ガラスはアンティークのチェッカーガラス。
内部は次回紹介します。
[PR]

by vanillaleaf | 2008-11-06 18:22

洗面ボール

もう少しVANILLAな哲ちゃんの輪を広げようと人気blogランキングへに参加しています。協力していただけるとうれしいです。
     人気blogランキング今日の順位は?

手洗いボールで良いのがないという記事を最近書きましたが。ボールつながりで、今度は洗面ボール。
最近のカントリースタイルばやりで、メキシカンボールが人気です。
ボールを好きな物を選ぶと言う事は、日本ではキャビネットも作ると言う事になります。
日本のメーカーはボールとキャビネットはセットで売っているので、蛇口はこれ、天板はこれ、ボールはこれ、と言った選択が出来ません。
こんな所でも、機能は、至れり尽くせりですが、デザイン面で選択肢が少ないという欠点が。
そこで今日は6年ほど前に私が作った洗面台第一号を紹介します。
リフォームを頼まれたお宅で、メキシカンボールを使う事に、キャビネットはどうする?
と言う事で、アンティークの机を利用しようという事に。ヴァニラリーフで在庫していた物に良いのがあったので、それをくりぬきボールをはめました。で、出来た洗面台がこれです。
世界に一つの洗面台、どんな物でもチョイスできると言う事が私は好きですね。
e0074935_1612879.jpg
e0074935_16122473.jpg
昔の仕事なのでちょっと照れます、、、
[PR]

by VANILLALEAF | 2006-03-18 16:13

手洗い付き水洗トイレ

e0074935_10375177.jpg前回の記事でトイレ内の手洗いを取り上げて思ったんですが、
ひと昔前までは、水洗トイレに手洗いがついているというのは一般住宅やマンションではあたりまえでした。
ところが今やタンクレスが常識。プランする時も手洗い付きなんて頭の中にはありません。
外国のトイレでもタンクの上に手洗いが付いているなんて想像できませんし、製品自体存在しません。





一度手洗いで使った水を再利用するというのは、節水という面でもエコロジーなんですが、、、
場所もとらないし、配管工事も上水、排水の2系統節約できます。器具もボール、蛇口、カウンター、すべていらなくなります。狭い日本の住宅に合った合理的な物です。

最近の住宅業界はマンションディベロッパー、ハウスメーカ、建て売り開発業者、共に設備競争の色合いが濃厚になっており、そういった面でもトイレの中に高級感を出すために、手洗い別、が、常識になりつつあります。

手を洗う時の水ハネの問題、タオルホルダーの位地、デザイン性、
最近は新築された個人住宅でも、店舗でも、トイレは見せ場であり、施主のこだわる所となっています。ニーズがある分、作る側も力の入る場所になりました。
e0074935_10575955.jpg


うちで施工したトイレ手洗いの面々です
[PR]

by vanillaleaf | 2006-02-21 11:01

開店花

うちで施工させていただいたお店の開店祝いに、鉢植え、生花、リースのどれかを送っています。
今回のPapa Jon's(パパジョンズ)は生花を送らせてもらいました。
自分がアレンジをするわけにはいかないので、(出来もしないし)
何処かに頼まなければならない、花屋さんもピンキリで、遠方で仕方なく現場近くの花屋さんに頼むとひどい目に遭う事があります。
今回はうちから近い現場なのでうちの店の向かいのアトリエ笑さんにお願いした。
ここの店はセンスが良く京都市内で開店祝いの時はたいていここにお願いしている。
今回のはこれ、
e0074935_13352596.jpg
バックがごちゃごちゃしていて見づらいですが。
なかなかオシャレにしてもらえました。オーナー夫妻にも、とっても喜んでもらえ良かった。
[PR]

by vanillaleaf | 2006-01-23 13:35

商業空間

商業空間と住空間。
居心地のよさを追及する。
そこは同じですが、内容は違います。
商業空間には、居心地のよさの中に、非日常的な、もう一つのスパイスが必要です。
これは、高級感であったり、おしゃれ感であったり、トリッキーな驚きやハプニング。
ターゲットとする客層や、売る商品、サービスの方向、オーナーの持つ感性。
それらを総合的に考えて、切り口を考えます。
e0074935_11445021.jpg

今回のチーズケーキ&カフェでは、年齢層は幅広く、少し高級感は出したいが。
あまりゴウジャスになりすぎて敷居が高くなる事は避けたい。
カジュアルになりすぎると、ターゲット年齢層を狭くしてしまう。
いろんな意味で冒険のできない、店作りでした。
かといって、居心地の良いリビングを作りましたでは、箱としての露出度は下がり、
「あそこのカフェおしゃれよ」と、言われる事はないでしょう。
友達の家に遊びに行くときの手土産でケーキを持っていくとき。そのケーキのおいしさは当然の事ながら、チョイスの要素には、パッケージのデザイン、店構え、ラッピングのうまさなど、
全体的なおしゃれ感で、選ぶでしょうし、もらったほうも喜ぶと思います。
そこで店作りも重要になってきます。
e0074935_11463644.jpg
e0074935_11465785.jpg

トリッキーな要素をいくつも作って、目立つ面白いものにするのは簡単です。
しかし、すぐに飽きが来る。一年も経てば古びて来るでしょう。
細部一つ一つにこだわり。完成度を高めていき総合的に点数の高い作品作りをする。
これといってびっくりするような事はしない、でもよそには無い。
もう一度行きたくなる。そんな空間になったでしょうか?
e0074935_11471015.jpg

[PR]

by vanillaleaf | 2006-01-17 11:48

CAFEおおずめ

もうドタバタになってきました。ブログアップもままなりません。
現場がひっくり返ると気が焦ってきます。いつもの事ですが、、、
でも実験でやった間接照明はうまくいきそうです。
e0074935_1650419.jpg
e0074935_1650584.jpg

今年の現場が終うまでブログはさぼりぎみです。
[PR]

by vanillaleaf | 2005-12-27 16:51

Cafe

カフェの工事
終盤に入ってきました。
ドア、金物、冷蔵ショウケース。
細かい装飾品も。
ところが間接照明用のガラスが注文ミスで一枚足りない、ガーン
e0074935_17172976.jpg
e0074935_17174433.jpg
e0074935_17175866.jpg
e0074935_1718926.jpg

気を取り直してっと。
前に取材が在った事をこのブログにも書きましたが、少し前にうちが設計施工した家が紹介されました。12月21日発売新しい住まいの設計2月号デス。
こまーしゃるでした。。
[PR]

by vanillaleaf | 2005-12-22 17:24

たび

ここは何処でしょう?
e0074935_9442827.jpg
第二ヒント
e0074935_9452295.jpg


正解は
[PR]

by vanillaleaf | 2005-12-16 10:19

住宅建築に思う所や
建材等の話
施主とのやり取りなど

by vanillaleaf


ブログトップ
ヴァニラリーフ店舗情報